さいきん刺されてる?おしゃれ蚊取り線香たち

1:ハーブ&ベジ玉手箱

これは序の口 ケロ。

もはや吸わない人が

多いとは思うけれど

ケイタイ灰皿のようなサイズ感。

 

腰にぶら下げて

夏のガーデニングにどう?

ミニグルタイプ

カエルもブタもミニグルタイプ↑↓

こちら夏ブタさん

紅の豚みたいに

ブリキのプロペラ飛行機みたいので

ひろーい空を

ぴゅーっと

飛び抜けたい気分なの!(← 暑くて~)

蚊取線香スタンド

将来的には

畑の見える縁側で

大の字に休憩しながら、

くゆらせたい煙。

=そんな夕暮れ時!=

そもそも伝ったのは明治時代。

ミケニャンも夏は熱くてやなの

さて。

燻製づくりでなく

ル・クルーゼで

保温でゆっくりと

くゆらせるみたいなイメージ?

モダン  ストッカー付き陶器の蚊遣り

もくもく・・・

ふわふわ・・・

(浮かぶのは:スモークと冷え冷えビール)

☆ ☆ ☆ ☆

煙突のあるおうち。今じゃプールくらい?

夏休みは21日から。

屋内プールなら

虫には刺されないかもだけど

やっぱ夏は外が気持ちいいしね。

矛盾しちゃうねぇ~

寝る前・お風呂あがりに痒くなったり・・・

ムヒS とか塗って寝ようね~

寝るときに

ポリポリかいちゃったり。

気をつけてね~!

いやだねー!

ピーナッツ柄?

それとも? ↑

夜行性。朝寝坊グセも気をつけてね

クーラーの効いたとこで

塾通いも大変。

たまには、ふわわわー!って

遊んでね!ふにゅけてね。

 フクロウ

合格祈願なら、夢を見るゾウもいいかも!

どーこだ?

ミツカッタ?

なんだか@みたいだね?グルグル

プチコラムだけど、

このグルグル渦巻き型は

1890年に

和歌山県の上山さんが

発明したんだって。(← 流石日本人!)

そもそも

このグルグル作ってる

菊の花(除虫菊)

は旧ユーゴスラビア発祥で

明治時代に

アメリカから

種が

日本に伝わったんだよ。

お題「ちょっとした贅沢」

鑑賞用としてもかわいい除虫菊

白色もあり、

どこかマーガレットみたい。

この菊に含まれる

天然のピレトニンという成分が

人気の成分なんだね。

ちなみにこのピレトニンをもとに

合成したピレスロイドもよく

蚊取り線香に使われている成分。

一見、天然成分のほうが

体に良さそうなイメージが

あるけれど、

天然成分のほうが

ちょっぴっと人体にも

有害らしい。(← 既存イメージって怖いよね)

ま、ひとまず鑑賞用としても

いいわぁ~

種から育ててみる?

 ロビンソンミックス

春先も蒔けるけど、

9月からの秋蒔きもできる。

意外と秋口まで

しぶとく蚊にさされるから

秋蒔きもありなのかなぁ(← けどやっぱ春蒔きかな)

来年の夏に向けて

挑戦かしら?

直射日光をさけて

半日陰くらいの

水はけの良いところが

いいみたい。

この取れた菊を乾燥させて

ハーブミルなどで粉状にくだけば

除虫菊パウダーの出来上がり。

このまま、防虫用に

ミニガーデンに

蒔いたりしてみてもいいし、

お香の基材と混ぜ固めて

自分でグルグル作ってみるのも

楽しそう。(← 職人ワザが光そう!)

基材はコレ↓

たぶ粉

夏休みの自由研究で使う人も

いるみたいだね。

さずがに今年の種まきからは

間に合わないけどね、笑。

虫除けといえば、

よくカレースパイスで聞く

グローブとかもいいみたい。

カルディでも売ってる

中華食材 五香粉

の5つの香りのうちの1つでも

アルヨ。

遊びゴコロをいつまでも
にほんブログ村

これはバームクーヘンでアルヨ!

 これはオシャレ雑誌風

絵本バージョン

グルグル楽しいねぇ~


人気ブログランキング

コメント